BBT大学総合研究所

BBT大学総合研究所について

概要

BBT大学総合研究所(BBT大学総研)は、(株)ビジネス・ブレークスルーの社内シンクタンクとして、刻々と変化する経営環境のその時々の「ベストソリューション」を導き出すべく、企業経営者やビジネスリーダーにとって重要な経営課題、国内外の経済社会動向などにフォーカスした研究・調査・分析を行います。

沿革

  • 平成政策研究所から、97年に(株)大前・アンド・アソシエーツのビジネスプロデュース事業部へと移り、その中の向研会・リサーチ部門が(株)ビジネス・ブレークスルー内の社内シンクタンクであるBBT総合研究所へと2002年に移行。2015年に組織改編にともないBBT大学総合研究所となる。

活動内容

日本の企業経営者の直面する経営課題を抽出し、今後の取り組むべき方向性を見出すため企業・業界動向分析等に関する調査・分析・提言を行っています。

その他、日本経済の直面する課題とその解決策、世界経済・各国経済の動向と今後のそれらの国口との付き合い方、地域経済活性化策、特に、経済社会・産業動向の分析や企業の経営課題分析、海外経済動向の分析など中心に行っています。
BBT大学総合研究所の分析資料・成果は、当社代表大前研一の講義や、著作、記事などの資料として用いられ、企業経営者勉強会討議資料や(株)ビジネス・ブレークスルー(BBT)の講義コンテンツとしての情報提供・提言などに活用されています。

主に、「向研会」、「大前研一アワー(海外視察旅行編各種)」、「RTOCS(Real-Time Online Case Study)」などで用いられ、「RTOCS」以外では「大前研一ライブ」に差し込まれる図解資料として、ビジネス・ブレークスルー社の各種プログラム(大学院、大前経営塾など多数)の主要コンテンツおよびテキストとして活用されています。

調査・研究・リサーチ業務

  • 企業経営者向け分析レポート(向研会など)
  • 大前研一ライブ向け資料作成
  • RTOCS(Real-Time Online Case Study)向け分析資料
  • ニュースの視点のデータ
  • 大前研一著作書籍のデータサポートなど

その他活動

  • 向研会事務局業務(テーマ選定・企画、運営、海外研修企画など)