Interview 社員紹介

星野友美
Tomomi Hoshino
2016年入社
MBA教務部

一人ひとりの学生に向き合い、ゴールに向かって
一緒に伴走しているような毎日

キャリア

新卒で入社したIT企業では、システム導入やソフトウェアリプレースを提案する法人営業担当としてキャリアを築く。次に転職した先ではインドにビジネスの場を移す。各地で営業活動と日本語学校の運営に携わった後、日本へ帰国。

入社を決めた理由

興味のある分野で自分の特性をどう活かせるか、期待を抱いて入社

もともと教育の分野に興味を持ってはいましたが、とくに教育業界に絞って転職活動をしていたわけではありません。これまで営業経験を積んできたこともあって、次はマーケティングを学んでみたいと思っていたところ、たまたまビジネス・ブレークスルー(以下BBT)でマーケティング担当者の募集があり、未経験でもチャレンジしてみようとアプライしました。
実は応募するまでは、オンラインで学ぶ大学院があるということも、BBTの存在も知りませんでした。

選考プロセスで何度かお話を進める中で、マーケティングポジションよりも教務ポジション(カリキュラム・関連イベント企画運営、学生支援)の方が向いているのでは、とお話があり、相談の結果、今の部署に配属になりました。当初イメージをしていたマーケティングの仕事ではありませんが、「マーケティング」を学ぶ方にMBA学位取得のカリキュラムを指導する教務担当という立場で業務に就く事となり、これも縁なのかなと。

現在の業務について

社会人向けのMBA学位を出すオンラインの大学院で、科目の運営と開発、学生と教員のサポートをしています。具体的には2~3年で修了要件を満たすための個々にあわせた履修計画の立案と科目のチェック、そして改善点の洗い出しとアドバイスなどです。

入社当時は、大学院の組織構成や科目数、どの教授が担当されているのか、基本的な体系を把握するまでに非常に苦労をしました。またインプットはオンラインの映像講義を視聴するという学習スタイルで、その新規科目を立ち上げる際は、映像の収録から資料の準備まで任され、これまで経験をしてこなかったことばかりで最初は戸惑いながらも楽しんで取り組めました。

サポート業務についてですが、非常に忙しい仕事の合間を縫って受講されていらっしゃる学生の皆さんが修了に必要な科目を過不足なく履修できるよう、お手伝いをしています。将来の夢や目標に向けまい進されながらも、出張が重なったり多忙だったりして講義映像の視聴が遅れてしまう方や議論に参加できず学習がなかなか進まない方に寄り添い、目標達成まで伴走するイメージです。

仕事のやりがいを教えてください

学生の皆さんが修了式を迎えるときに、この仕事に就いて本当に良かったとやりがいを感じます。卒業される方々の自信に満ちた姿、そして送り出す教授陣の温かい笑顔に、毎回感動を覚えます。

私たちは、働きながら学びを志す学生一人ひとりに向き合って、受講方法や受講ペースをパーソナライズしています。会社が終わった夜や休日に勉強され、自らのキャリアのステップアップのために頑張ってこられた学生の皆さんの努力の結果、修了式を迎えられます。このハレの日に立ち会えるというのは、教育に携わる仕事をしていて、何よりも嬉しい瞬間です。

また、自身の考えを運営に活かすことも、メンバーや上司と共に具体的なプランを作り上げていくことも、とてもやりがいになっています。
具体的には自分の提案を教員に伝え、それが受講科目に新たに取り入れられるようになることなどです。頑張れば頑張った分、形に残りやすいことも仕事のモチベーションアップに繋がっています。

今後どのようなキャリアを築いていきたいですか

理想としては、今よりもっと細かく学生の皆さんに情報提供をするための仕組み作りができればと思っています。例えば学習ログをもとに、ご自身の強みや弱みを視覚化し、足りない部分を補っていくような勉強法を提供するなどです。

これまで私がお会いしたビジネスパーソンの中には、仕事のスキル以外にも知的ユーモアに富んだ方が多くいらっしゃいました。そんな方々を見て来て思ったのが、アートや自己分析、歴史や自然科学など、さまざまに視野を広げ人間性を豊かにする教養コンテンツはどうかなと。学位取得には直接必要はありませんが、異文化の中でもアイデアを発揮でき、大勢の中で自らのプレゼンスを高められるような、そんな自分自身に役に立つ「科目」を提供できれば、面白いですね。

メッセージをお願いします

常に現状をアップデートしていく姿勢こそ、BBTの強みだと思います。学生はもちろん、BBTのメンバーはとても勉強熱心なので、私自身も仕事では常に刺激を受けています。それと同時に、ステップアップを願う社会人に向けて、どうしたらBBTの大学院を選んで入学してもらえるかも日々考えて、仕事に取り組んでいます。

BBTは、声を上げればやりたいことが進められる職場です。新しいことにチャレンジしたい方や前進したい方は、自分の頑張り次第で大きく成長できる環境だと思います。