Top Message

企業の「人材戦略」、個人の「人生戦略」のパートナーとして
社会の活性化と成長に貢献します

柴田 巌
株式会社ビジネス・ブレークスルー
代表取締役社長
柴田 巌Iwao Shibata

京都大学工学部を卒業後、京都大学大学院(工学修士)、英国London School of Economics & Political Science (MSc)、米国Northwestern大学Kellogg Graduate School of Management (MBA)にて修士号を取得。Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける(株)エブリデイ・ドット・コムを設立。
その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ(株)代表取締役、(株)旬工房代表取締役等を歴任。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、2017年6月より事務総長に就任。(株)アオバインターナショナルエデュケイショナルシステムズ代表取締役社長、現代幼児基礎教育開発(株)代表取締役社長、Summerhill International(株)代表取締役社長。

BBT×リカレント教育

2045年には“シンギュラリティ”(人工知能が発達し人間の知性の総和を超えること)が到来し、同じことをしていては人間がコンピューターに負ける時代がやってくるといわれています。それにも関わらず、日本では未だに答えを覚えさせる教育が行われているのが現状です。そのためBBTでは、AIやロボットによって多くの仕事が消失するデジタル・ディスラプションの変革に備え、「答えのない時代」における考える力を養う教育プログラムを提供し続けています。
リカレント教育の意義については様々な捉え方がありますが、政府が提唱しているリカレント教育施策は定年退職後の再就職支援や失業対策が主眼となっています。しかし、BBTが提言している「リカレント教育」の意義は、「劇的な社会・経済の変化に対応し、時代に淘汰されない力をつけるための生涯を通じた継続的な学び」であり、企業にとっては重要な「人材戦略」、個人にとっては重要な「人生戦略」と考えています。

BBT×ミッション

BBTは、創業以来「世界で活躍するグローバルリーダーの育成」をミッションに掲げ、全世代に向けてオンラインを活用した先進的な生涯教育の場を提供してきました。その最大の特長は、圧倒的な質・量を誇るコンテンツと高い教育効果をもたらす独自開発の教育システム「AirCampus®」です。経営コンサルタント、経営者、ビジネススクールの教授など、一流の講師陣による映像コンテンツを自社スタジオで年間1,000時間制作し、現在では10,000時間超のコンテンツライブラリーを保有しています。また、「AirCampus®」により世界99カ国から延べ2万人が受講するマルチメディア・プラットフォーム(映像・音声×双方向性×テキスト)を提供しています。これらの強みを基盤にBBTは、“リカレント教育の創始者”を自負し、社会的使命として企業そして個人に各世代の学び直しの機会を提供していきます。

柴田 巌

BBT×ビジョン

BBTは、ビジョンとして「ライフタイム・エンパワーメント(Life Time Empowerment:生涯活力の源泉)」を掲げています。時代の変化に左右されず、社会に自らの存在価値を見出すために学び続けることは、収入確保に留まらず充足感ある人生にも繋がるものと考えています。BBTは、国内における少子高齢化、労働力不足、デジタル・ディスラプションなどの社会的課題を背景に、社会的役割として生涯教育をキーワードにリカレント教育を推進し、先進的な取り組みを続けていきます。また、生涯教育の場を提供する一環として2013年からインターナショナルスクールの運営を開始し、次世代のグローバル人材を輩出すべく都心部を中心に国際バカロレア(IB)認定校の拠点拡大に取り組んでいます。幼児園から高校までを対象としているため、より長期的な視点での人材育成を重視し、未来を担い次世代社会で力を発揮できる人材を育成しています。

柴田 巌

求める人物像

BBTが求める人物像は“リスクをとって目標に果敢に挑戦し、成長し続ける人”(の創造)です。
これまでにBBTは、日本初の事業・サービスを多く展開しています。

  • 日本初:24時間365日放送の経営コンテンツ番組「ビジネス・ブレークスルー チャンネル」開局
  • 日本初:遠隔教育でMBAが取得できるBBT大学院大学の開学
  • 日本初:100%オンラインで経営学の学士を取得できるBBT大学経営学部の設置
  • 日本初:インターナショナルスクールを運営する東証一部上場会社

これらは、ビジネスや社会のパラダイムシフトが大きく展開した時期であるインターネット黎明期の1998年に創業した際、新しい経済・社会に適応していくための教育・能力開発のやり直しが求められると考え、一早く世界標準の枠組みや取組み、手法を取入れるなどして、新しい教育サービスの開発・提供に挑戦し続けてきた成果です。
デジタル・ディスラプションによる社会的、産業的な変革が起きることが予想され「答えのない時代」に対応すべく、これからもBBTは挑戦し続けていくこととなります。

そのような変革に対応するためには、同じ事をずっと行い続ける必要性はありません。
個人の仕事やキャリアにおいても、新しいステージや未知の領域に踏み込む際には、今まで積上げた物事を一旦ゼロクリアしなければ、前に進めないことがあるでしょう。
仮にマイナスになったとしても、自分の目標をしっかり持ち、自分ができる最大の努力をして取組む限り、何らかの道は開けるものです。その経験した経験値こそが、より大きな世界にチャレンジできる“足場・階段”になると感じています。
それから、講師、受講生、保護者、働く仲間など多くのステークホルダーと関係するなかで、どんなときにも誠実にフェアに言動することができる必要があります。また、経済・社会のボーダレス化が進むなかにおいては、様々な人・場面などに遭遇します。そういった多様性やダイバーシティに対して、許容することができるオープンマインドな視点を持っている必要もあります。

一言

常に環境変化に適応しながら進化、成長を続けることで、自分自身が充実した時間を過ごし続けるだけでなく、提供するリカレント教育、生涯教育を通じて、多くの人に新しい経済・社会で勝ち抜いていく希望を与え、ミッションである「世界で活躍するグローバルリーダーの育成」を実現したいと思っています。

柴田 巌